[K-POP] Trouble Makerのダンスが特別な理由?“実際の夫婦が振付を担当”

タイトル曲『明日はない』で3日間チャートを席巻している男女ユニットTrouble Makerが10月30日のMBCミュージック“ショーチャンピオン”で初ステージを披露する。

この日初めて公開されるTrouble Makerのカムバックステージは、ヒョナとヒョンスンの挑発的な破格なパフォーマンスにすでに関心が集まっている。これに先立って公開された『明日はない』のダンスバージョンティーザーで予告されていた躍動的でセクシーなダンスにさらにどのようなドラマティックなパフォーマンスが演出されるのか、期待が集まっている。

今回の『明日はない』のダンスは、「前作『Trouble Maker』よりも一層ヒョナとヒョンスンの強烈な化学作用で発生するシナジーに焦点を合わせた」と明かされた。

特にURBAN DANCE CAMP所属のKEONE MADRIDとMARIEL MADRIDが振付の構成に参加し、二人の個性を生かした躍動的かつミステリーなダンスで緊張感あふれる構成を作りだし、完成度を高めたという。

彼らが実際の夫婦として見せてくれる特別な“ケミストリー(化学反応)”がダンス全体に雰囲気を醸し出している。ヒョナとヒョンスンは特有の雰囲気とパフォーマンスに対する情熱で、これを二人ならではのものに変えてみせたという。

『明日はない』は、前作『Trouble Maker』に続いてメガヒット作としてTrouble Makerのより一層破格的な挑発的なパフォーマンスでもう一度シンドロームを起こすことになるであろう。28日以降、音源チャートの1位を死守し、シンドロームを起こしている中、現在500万という照会数を目の前にしており、『明日はない』のミュージックビデオもやはり国内外で爆発的な反応を得ている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 30日 16:27