[芸能] KBS vs BEASTヨン・ジュンヒョン前所属事務所“法的争い”

KBSとヨン・ジュンヒョンの前所属事務所との葛藤は、ヨン・ジュンヒョンが昨年2月に“スンスンジャング”で公開した前所属事務所の社長との逸話によって勃発した。当時、ヨン・ジュンヒョンは「前所属事務所は幽霊会社のようなところだった。その会社と奴隷契約という10年の契約を結んでいた。僕がやめたいというニュアンスを醸し出すと、社長は僕を居酒屋に呼んだ。割れた瓶を当ててきて、「やるのか、やらないのか」と言ってきた」と明かした。この内容は“スンスンジャング”の放送以降“芸能界中継”でも扱われた。

7月にヨン・ジュンヒョンの前所属事務所側は、KBSを相手に報道の訂正を要求する訴訟を起こした。これに対し、ソウル南部地法の一審では、KBSに対し「ヨン・ジュンヒョンの前所属事務所は、社長がビンを割って脅した事実はないと言っている。報道を訂正するべき」という判決を下した。

これに対し、KBS側は1月に放送終了した“スンスンジャング”の後続番組“うちの町内芸体能”と“芸能界中継”の冒頭で、報道を訂正しろという裁判所の判決に控訴した。

KBS関係者は、「ヨン・ジュンヒョンの言葉が事実なのかどうか確認ができていない。報道の訂正は受け付けられない。1次弁論の日程はまだ決まっていない」と説明した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 29日 10:51