[K-POP] 歌手IU、盗作論争で公式見解「コード進行全く違う」

歌手IU側が新曲『ブンホンシン(赤い靴)』(以下、赤い靴)の盗作論争に正面から反論した。

所属事務所のLOENエンターテインメント側は26日、公式報道資料を通じて「ネットユーザーの間でIUの『赤い靴』が海外ミュージシャンNektarの『Here’s Us』と似ているという意見が出てきている。2曲のコード進行は全く違う」として「これは『赤い靴』の作曲者であるイ・ミンス氏と外部音楽専門家らの意見を全て検討した結果」との見解を明らかにした。

所属事務所側はIUの『赤い靴』とネクターの『Here’s Us』のメロディ展開を対照させて盗作ではない理由を詳細に説明した。『Here’s Us』の一部メロディと『赤い靴』の2小節目(Bパート)のメロディについて「似ているように聞こえることがあるが、コード進行は全く違う。『赤い靴』はbフラットマイナースケールでbフラットマイナー-bm7-cm7-cm6-f7 sus4-f7で進行される」としながら「一方、『Here’s Us』はドミナントスケールだ。bフラットメジャーのワンコード形式で進行される」と説明した。『Here’s Us』のリフレーンと『赤い靴』の最初の小節(Aパート)について「全体的なメロディと構成、楽器編曲などが完全に違う」と力説した。

一部ネットユーザーやメディアが「盗作論争のためにアルバム広報活動が急に終わったのではないか」と疑惑を提起したことに対しては「事実ではない」と一線を引いた。サードアルバムとして4週間だけ活動する理由については「『本来から計画された事』だ。11月末に予定された単独コンサートの準備と年末の日本活動の準備、KBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『きれいな男』の撮影日程などがあるため」と説明した。

この日、あるメディアはネットユーザーの意見を引用して「IUの新曲『赤い靴』が、2人組グループNektarが2009年に発表した『Here’s Us』を盗作したという疑惑が起きている」と報道した。該当記事を「IU『赤い靴』活動の終息、盗作論争のため?」という見出しで送り出し、盗作疑惑に火をつけた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 28日 11:19