[芸能] YG「WINNER」誕生、日本の6大スポーツ紙で特集

YGエンターテインメントの次世代男性グループ「WINNER(ウィナー)」誕生のニュースを日本の6大スポーツ紙が大見出しで特集した。

日刊スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン、中日スポーツ、デイリースポーツなど日本現地メディアは27日付の新聞で「WINNER日本上陸」、「僕達はWINNERです」などのヘッドラインでWINNER誕生の瞬間を伝えた。日刊紙である北日本新聞も異例的にWINNERのニュースを伝え、目を引いている。

日本メディアは25日に放送されたMnetの番組『WHO IS NEXT:WIN』の最終バトルで「WINNER」になったAチーム(カン・スンユン、ソン・ミンホ、キム・ジンウ、イ・スンフン、ナム・テヒョン)を紹介し、彼らが日本語でもアルバムを準備する計画だと伝えた。

まだデビューもしていない新人グループの誕生過程を、日本メディアが直接韓国まで取材に来てニュースを伝えたのは非常に珍しい。

新聞に掲載された記事も、各社とも異例の大きさで報道し、日本現地でも大きな話題になっている。これはYGのBIGBANGなどが日本で格別な活躍をしていることから、より一層関心が寄せられていると予想されている。

YGジャパンの渡辺ヨシミ社長は「日本の代表的なスポーツ新聞6社全てが掲載したことは『WINNER』に対する期待の高さを示すようなものだ」と伝えた。

一方、8月23日から約2カ月間続いたバトルを通じて「WINNER」というタイトルを手にしたAチームは、デビューのための準備に拍車を加える予定だ。28日にはAチームとBチームが放送で見せてくれた最後のミッション曲計4曲が音源サイトを通じて公開される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 28日 10:24