[K-POP] SMTOWN東京ドーム、10万人の観客を魅了[フォト]


10月26、27日の両日間、東京ドームで行われた“SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO SPECIAL EDITION”には、カンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、天上智喜、ジェイミンなどの10チームが参加し、約4時間の間約50曲の派手なステージを披露し、10万人の観客を熱狂させた。

SMTOWNアーティストたちは日本でも活躍している分、さまざまな日本発表曲を含めた各チームのヒット曲パレードを披露した。

さらに東方神起チャンミンとSUPER JUNIORキュヒョンの『いちご』、少女時代ティファニーとヘンリーの『Almost is Never Enough』、キュヒョンと少女時代ソヒョンの『Beautiful』、東方神起ユンホとSUPER JUNIORドンヘ、ウニョク、少女時代ヒョヨン、SHINeeテミン、EXOレイ、カイが共にSMのダンスユニットSM The Performanceの『Spectrum』などさまざまなコラボレーションステージで大きな歓声を浴びた。

そして流暢な日本語で観客たちとコミュニケーションをとり、11月に大阪京セラドームで“スーパーショー5”の公演を控えているSUPER JUNIORは、12月に日本新シングルが発売されるという発表もし、現地のファンたちを喜ばせた。

27日にはチケットを購入できなかった現地のファンたちの熱いリクエストと声援により、北海道、大阪、京都、広島など日本全国137つの映画館で公演を生中継するライブビューイングイベントも開催し、27日の1日で映画館のスクリーンで6万人がともに公演を鑑賞した。

一方、名実ともにグローバル公演ブランドとなっているSMTOWN LIVEは、ソウル、LA、パリ、NY、東京、北京など全世界の主要都市で各種記録を打ち立て、公演を大成功させた。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 28日 10:43