[K-POP] 防弾少年団、12媒体の取材殺到で日本へ

グループ防弾少年団が、12の海外メディアインタビューのために23日、日本に渡った。
日本で正式デビューをしてはいないが、すでに現地メディアの取材要請が殺到している。防弾少年団の「新韓流スター」誕生の可能性を高める事件だ。防弾少年団は2泊3日の日程で日本に滞在して雑誌『韓流ぴあ』、『haru*hana(ハルハナ)』、ウェブの『Kstyle』をはじめとする12媒体とインタビューを行う。
特に『韓流ぴあ』『haru*hana』は日本国内の韓流雑誌のうちで発行部数1、2位を争うメジャー媒体だ。これらは今回のインタビューを皮切りに防弾少年団を着実に取材を重ね今後21カ月間、防弾少年団について連載する予定だ。2大韓流雑誌で日本デビュー前の新人のインタビューを同時に連載するのは非常に異例なケースだ。
日本でのマネジメントを担当するACC(Asia Content Center)は「防弾少年団は韓国でデビューしてから半年もたっていないが、日本のメディアはすでに熱い関心を寄せている。日本国内での活動への期待が非常に大きい」と明らかにした。
一方、防弾少年団は今週に『N.O』の活動を終えた後、11月から韓国で後続曲『進撃の防弾』で活動を再開する。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 24日 15:37