[芸能] “韓流危機論”?2PM、スンリ、B.A.P日本で相変わらずの活躍

最近日本内のK-POPブームが衰退しているという流れが出始めており、関係者たちの間で話題になっているという。しかし、2PM、スンリ、B.A.Pなどの新しいアルバムが日本オリコンチャートで連日いい結果を出しており、関係者たちの心配を振り払ってみせた。

まず、2PMの日本シングル『Winter Games』がオリコンとタワーレコード週間ランキングで1位を獲得した。16日に日本で7番目のシングル『Winter Games』を発売し、オリコンリアルタイムチャートと日間チャート1位を記録、23日に発表されたオリコン週間チャートでは1位に輝いた。2PMのオリコンシングル週間1位はK-POP歌手としては9ヵ月ぶりの快挙だ。最近停滞していたK-POP歌手たちの不振を払拭する結果を出した。

BIGBANGのV.I(スンリ)とB.A.Pも最近オリコン週間チャートでトップ5に入った。16日付のオリコンチャートを見てみると、9日に日本で発売された日本ソロデビューアルバム『LET’S TALK ABOUT LOVE』が発売1週間で1万9958枚を売り上げ、週間アルバムチャート4位を記録した。

B.A.Pは先輩スンリの後を追い、週間シングルチャート5位を記録した。9日に発売されたB.A.Pの日本初シングル『WAARRIOR』は発売1週間で1万9057枚を記録した。

日本内のK-POP公演企画会社の関係者は、「韓流が衰退していることは事実だ。最近のトップアイドルの公演の雰囲気もそんなに良くなかった。勢いのある新人アイドルグループがいないという点も現在の状況をそのまま見せている。しかし、すでにファンたちを獲得した今までのグループの場合は、そんなに心配する必要もない。B.A.P、防弾少年団、Block.Bなどの新人グループの活躍も期待されている」と話した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 24日 11:33