[K-POP] ★<2013 MAMA>候補作発表、“今年の歌は?”★

チョ・ヨンピル、イ・ヒョリ、EXOなど
競争部門は19の候補歌手、歌を公開し、“期待満点”
来月17日まで公式ホームページでオンライン投票受付中!

1年に1回、アジアが音楽で一つになる最大の音楽フェスティバル“2013 Mnet Asian Music Awards”(以下2013 MAMA)が11月22日(金)に香港アジアワールドエクスポアリーナ(以下AWE)で盛大に行われる予定だ。そんな中、今年一年で歌謡界を輝かせたスター候補たちが公開された。

CJ E&M Mnetは、今年新人賞をはじめとしたグループ賞、今年の歌賞、今年の歌手賞、BC-UnionPay今年の歌などのオンライン投票が行われる19の部門候補に挙がった歌手と歌を発表した。

2013 MAMAの演出を担当しているアン・ソヨンCPは、「多くの歌手たちの努力と様々なヒット曲で2013年の歌謡界も素晴らしかった。国内外の音楽ファンたちのさまざまな意見を反映するために、2013 MAMAの公式ホームページ(2013mama.com)で11月17日まで競争部門に限り、オンライン投票を行う。19の競争部門を先に公開する」と明らかにした。

候補は2012年10月24日から今年10月23日の間に活動した歌手と公開された歌の中で、CD、音源販売量に評論家、専門記者、関連専門家などで構成された専門審査委員団の評価を総合して選ばれた。受賞は国内と海外に分かれ、国内の場合新人賞、歌手賞、グループ賞など19の競争部門に5つの非競争部門を合わせた24の受賞部門で今年一年歌謡界を輝かせた歌手と歌を授賞する。海外の場合、中国、日本、タイなどのアジア地域をそれぞれ代表する歌手または歌を選定し、授賞する。

オンライン投票は、2013 MAMA公式ホームページ(2013mama.com)で24日0時から11月17日24時まで約1ヶ月間行われ、ホームページは韓国語以外にも英語、日本語、中国語、スペイン語バージョンで運用され、多くの海外ファンたちの参加を支援する。また、公正な投票のために1つのIDに対し、1日1回の投票が可能であり、1IPにつき10つのIDで接続が可能である。

果たして国内はもちろん、アジアとヨーロッパなどの世界の音楽ファンたちが選んだ2013歌謡界の星は誰になるのか、期待が集まる。


The 15th Mnet Asian Music Awards in Hong Kong 2013 Overview

(1) 日時 : 2013年11月 22日金曜日(香港現地時間基準、韓国+1時間)
- レッドカーペッド 17:00 ~ 19:00 (120分)
- 本授賞式 19:00 ~ 23:00 (240分)
(2) 場所 : 香港アジアワールドエクスポ(AWE)
(3) Concept : Mnet Factory – 音楽エナジーを通して夢を現実にする仮想の工場
- Mnet Factory system elements
この全てのエレメントたちは音楽(music)で繋がっており、MAMAをはじめとするさまざまな文化コンテンツを共に作り出す。
① アーティストの想像力
②Mnetのテクノロジー
③Mnetクリエイターたちのアイディア
④グローバルパートナーシップ
⑤グローバルミュージックファンたちの情熱


“Mnet Asian Music Awards(MAMA)”は、1999年Mnet KMミュージックビデオフェスティバルとして始まり、韓国の音楽産業の成長とともに進化を続け、約10年の間国内で開催してきた。2009年のMAMAを起点に年末の音楽授賞式を越え、“アジア代表音楽フェスティバル”の出発となった。

2010年に海外初の開催地マカオで成功的に開催した以降、2011年シンガポール、2012年には香港で開催され、名実ともにアジア最高の音楽フェスティバルとなった。アジアだけでなく全世界のK-POPの地位を高め、K-POPブームを広めるにあたって貢献してきた。MAMAは1999年に初めて開催してから15年が経った今でも毎年年末のアジアの音楽ファンたちを楽しませ、単純に音楽の授賞式に留まらず、全アジアを音楽で一つに結び、アジア音楽産業界で重大な役割を果たしてきた。

特に、MAMAは毎年新しく創意的なステージの企画と、膨大な規模の演出力で音楽界とファンたちから絶賛され、韓国の洗練された音楽産業を全世界に広める文化伝播の役割を果たしてきている。それだけでなく、新人達には大きなステージを経験させ、自分たちを広めることのできる広報の役割も与えるなど、音楽市場全般に活気を与えている。


なお、MAMAは、

jp.mnetライブ配信

Yahoo!Japan Gyao!Mnet Satellite

でオンライン生中継される予定だ。


Copyright(C) CJ E&M Japan INC, All Rights Reserved 2013年 10月 23日 18:12