[芸能] D-LITEとユ・インナが“WIN”の最後のステージのMCに

22日、YGエンターテイメント側は「次世代新人ボーイズグループサバイバル番組であるケーブルチャンネルMnet“Who is Next:WIN”のMCとしてユ・インナとD-LITE(テソン)が選ばれた」と明かした。ユ・インナは以前“WIN”の製作発表会でMCを務め、自然で落ち着いた進行で好評だった。

D-LITEは“WIN”6話の放送で初のバトルの審査委員として登場し、視聴者たちが共感する鋭い審査で話題を集めた。Aチームの歌に対して「新装開業した店みたいだ。さっぱりしているけど深い味がない残念さがある」と評価し、ダンスパフォーマンスでは「白いチャンポンみたいだ。オリジナルのチャンポンの味には及ばないが、新しい味を開拓する可能性が見えた」と独特な審査で同じチームのメンバーであるV.I(スンリ)だけでなく、ヤン・ヒョンソクYG代表プロデューサーも驚くほどのコメントを残した。

現在、“WIN”はAチームとBチームのバトルステージで海外からも注目されている。特に中国で最大の動画サイト“YOUKU”を通して独占放送されている“WIN”は、前回の9話までで1話につき平均100万ビューを記録しており、計1000万ビューを突破、熱い人気を集めている。“WIN”は最後のWINEERを決定するステージで自作曲とダンス、プロデューサーテディーの曲を編曲するというミッションなどを通して計3つのステージを準備している。最終WINNERは1次と2次の投票結果それぞれ20%とファイナル投票60%で決まる。

“WIN”の最後のステージは25日に松坡區(ソンパグ)のSKオリンピックハンドボール競技場で午後9時から2時間の間生放送で行われる。


なお、“WIN”最終回はjp.mnetのライブ配信でも生放送される。(http://jp.mnet.com/vod/onair.m)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 23日 10:23