[K-POP] 歌手シン・スンフン、カン・ミンギョンとの熱愛説に「気分悪い」不満

歌手シン・スンフンがグループ「ダビチ」のメンバー、カン・ミンギョンとのスキャンダルに不快感を表した。

21日に放送されたSBS(ソウル放送)芸能番組「ヒーリングキャンプ」に出演したシン・スンフンは、最近浮上した熱愛説に関し、「最近、若い歌手と関連の検索語が出てきた」と慎重に話し始めた。

司会者が「誰?」と熱愛説の相手に関心を向けると、シン・スンフンは「ダビチというグループのカン・ミンギョン」と答えた。これに対しキム・ジェドンが「話にならない。カン・ミンギョンがなぜ」と尋ねると、シン・スンフンも笑って熱愛説を否定した。

シン・スンフンは「熱愛説は普通、説明があるものだが、状況の説明もなく『カン・ミンギョンがシン・スンフンと会っている』とのみ書かれていた」と説明した。

続いて「最も気分が悪かったのは『シン・スンフンがカン・ミンギョンと交際する』ではなく『カン・ミンギョンがシン・スンフンと交際する』という書き方」と不満を表し、笑いを誘った。

シン・スンフンは23日、新アルバム『GREAT WAVE』を発表し、来月9日にはソウルオリンピック公園体操競技場で「THEシン・スンフンSHOW GREAT WAVE」コンサートを開催する。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 22日 14:25