[ドラマ] 韓国版『ミタ』、視聴率1位守るも一けた台と低調

地上波3社の月火ドラマ視聴率が一けた台の数値に下方平準化された。

21日午後に放送されたSBS(ソウル放送)の『怪しい家政婦』は全国視聴率9.7%(ニールセンコリア)で同時間帯視聴率1位を記録した。MBC(文化放送)の『火の女神チョンイ』は9.3%で同時間帯2位、KBS(韓国放送公社)第2テレビの『未来の選択』は8.5%で3位にとどまった。

最近放映終了したKBSの『グッドドクター』や『九家の書』と比較すると残念な記録だ。『火の女神チョンイ』が22日の放送を最後に大長征の幕を下ろし、『飢饉後』が28日に初放送される。これにより力強く月火ドラマが視聴率沈滞期から抜け出すことができるかが注目される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 22日 14:21