[芸能] 俳優カン・ジファン、元所属事務所との法的紛争「勝訴」

俳優カン・ジファン(37)が元所属事務所と繰り広げていた法廷争いで勝訴した。

ソウル中央地方裁判所の民事合議28部(キム・ホンジュン部長)は、カン・ジファンの元所属事務所側が提起していた専属契約の効力存在確認などの請求訴訟で、原告敗訴の判決を下した。裁判所は「専属契約の期間中に実質的な演芸活動をできなくても、このために契約期間が自動的に延びるという内容は専属契約には含まれていない」と理由を明らかにした。

カン・ジファンが元所属事務所を相手に起こした虚偽事実の流布などに伴う損害賠償請求は一部受け入れられた。これについて裁判所は「元所属事務所が虚偽事実を含めた報道資料を配布して、カン・ジファンの名誉を傷つけたと見られる。元所属事務所はカン・ジファンに500万ウォン(約46万円)を賠償せよ」と宣告した。

カン・ジファンは2010年1月に元所属事務所と専属契約を締結した。以前の所属事務所だったAエンターテインメントとの契約が終わらない状態で再度契約を結び、カン・ジファンは韓国芸能マネジメント協会から芸能活動を自制勧告と8カ月間の活動停止処分を受けた。これに対し元所属事務所は「カン・ジファンの過ちにより活動できなかった10カ月ほどの契約が自動的に延びるべきだ」として訴訟を提起していた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 21日 09:59