[芸能] T.O.P映画のため1年間外部との接触を遮断[フォト]


映画“同窓生”(監督パク・ホンス/製作ザランプ、ファングムムルコギ)で19歳の少年ミョンフンに扮し、3年ぶりにスクリーンに復帰したT.O.P(チェ・スンヒョン)のさまざまな魅力が詰まったグラビアがファッション雑誌LOFFICIEL HOMMES11月号で公開された。

“同窓生”は、唯一の家族である妹(キム・ユジョン)を守るために南で工作員になれという危険な提案を受け入れるしかなかった少年の運命を描いた映画だ。

今回公開されたグラビアは、“IN MY ROOM”というコンセプトで、まるで家にいるかのようなリラックスした姿で俳優チェ・スンヒョンが初主演作“同窓生”の公開を控えている気持ちを表現した。

チェ・スンヒョンは有名なファッショニスタらしく、あらゆる衣装を完璧に着こなし、セクシーな眼差しと飾らない自然な姿で女心を鷲掴みにする魅力的なグラビアを完成させた。

また、グラビア撮影とともに行われたインタビューでは、「演技に対しより真剣に、悩んだ末に選択した作品であり、ミョンフンのキャラクターになりきるために約1年間映画の撮影期間の間は出来る限り外部との接触をなくして、一人でいる時間を送った」と“同窓生”という作品と選んでからの準備の過程などのエピソードを話した。

これ以外にも俳優チェ・スンヒョンの正直なトークを収めたインタビューなどで映画に対する期待が高まっている。

“同窓生”は、チェ・スンヒョンの力強いアクションとともにさまざまな感情の演技を見ることのできる映画で、11月6日に公開される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 21日 10:14