[ドラマ] 俳優キム・ジェウォン、「スキャンダル」OST通じて作詞家デビュー

俳優キム・ジェウォンが、自身が主役を演じた「スキャンダル」のOSTを通じて作詞家デビューした。

キム・ジェウォンは去る11日公開されたMBC週末ドラマ「スキャンダル」(脚本ペ・ユミ/演出キム・ジンマン、パク・ジェボム) のOST曲「Stay」(キム・ジュンソン作曲)を通じて作詞家デビューした。
1993年のヒット曲「アラビアンナイト」の歌手キム・ジュンソンと共同で作業した。

生涯初めての作詞だったが、劇中自身が演じたハ・ウンジュンの役に没頭して彼の複雑な苦悩と希望を詩的な歌詞で表わした。 「君を思い出せば訳もなく涙があふれて/私が行く道に終わりというのはあるのか/時間が止まってしまって、stay/留まりたかったがnot late遅れてはいないのか」などの歌詞が切ないドラマの中のキャラクターを表わした。

キム・ジェウォンは所属事務所を通じて「スキャンダルに対する思いは特別だ。生涯初めてOSTに参加したが視聴者の方々にも気に入っていただきたい」と伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 20日 19:54