[芸能] コ・ジュウォン、暴行事件荷担を否定

暴行騒動にまきこまれた俳優コ・ジュウォンが20日午後、所属事務所を通じて「被害にあったのはむしろこちら」としながら「相手側に対して強硬対応をする」と主張した。

コ・ジュウォンは20日明け方5時30分、ソウル・新寺洞(シンサドン)にあるクラブで起きた暴行事件にまきこまれたとメディアの報道によって伝えられた。

このメディアは「コ・ジュウォンが今回の暴行事件の被疑者のうち1人」としながら「コ・ジュウォンは警察がくる前に逃走した」と明らかにした。
コ・ジュウォン所属事務所は「暴行は完全に名誉棄損で、法的対応も辞さない」というが、事務所関係者は「このような主張と報道が完全に相反している」としながら「法的対応までしなくても名誉を回復できた」と話した。

所属事務所のチョン代表は「コ・ジュウォンと彼の友人が一方的な暴力に遭った。20代くらいの三人組が誕生日パーティーをしているコ・ジュウォン一行の女性にセクハラをした。クラブの警備員がその様子を確認した後、彼らをクラブの外へ退場させた。その後雰囲気が悪くなったのでコ・ジュウォンは友人の勧めで先に家へ帰っただけ」と説明した。

引き続き「近いうちに公式な立場を報道資料で伝える。突然相手方がお話にならない内容を報道機関に情報提供して、コ・ジュウォンのイメージを壊そうとしている。自分たちの罪を隠すために芸能人であるコ・ジュウォンを問題視していると判断される。クラブの監視カメラ映像を確認すれば真相を全部知ることが出来る」と付け加えた。

最後に「すでに弁護士を選任したし虚偽告訴罪と名誉毀損罪で告訴を準備中だ。その場にいた友人とセクハラされた友人はそれぞれ暴行とセクハラで告訴を進める予定」と語った。

コ・ジュウォンは8月に放送終了したKBS2週末ドラマ「最高だ、イ・スンシン」でイケメン医師パク・チャンウ役を熱演した。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 20日 17:59