[映画] 映画「ソウォン」観客動員数200万人突破、ロングランの兆し

イ・ジュンイク監督がメガホンを取ってソル・ギョング、オム・ジウォン、イレなどが出演した映画「ソウォン」(制作:フィルムモメンタム、配給:ロッテエンターテインメント)が、公開17日で200万人の観客動員数を越えた。

韓国の映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによると、映画「ソウォン」は18日午後に全国で200万人の観客を動員した。

特に12歳観覧可という観覧等級のおかげで幅広い年齢層に愛されている。

イ・ジュンイク監督の復帰作「ソウォン」は、もっとも辛いところで繰り広げられたもっとも温かな感動をテーマに、暴行事件の被害者であるソウォンと、その家族の物語を描いた映画だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 19日 17:45