[K-POP] 故パク・ヨンハさんの元マネジャーに執行猶予付き求刑

故パク・ヨンハさん名義の預金請求書を偽造した容疑で在宅起訴された元マネジャーに対し、懲役1年・執行猶予2年が求刑された。16日午後にソウル地裁で開かれた公判で、検察は元マネジャーに懲役1年・執行猶予2年を求刑した。

検察によると、元マネジャーはパクさんが死去した後、2010年7月7日、東京のある銀行で、自分が管理していたパクさんの印鑑を使って約2億4000万ウォン(約2200万円)を引き出そうとした容疑を受けている。

また2010年7月14日に、ソウル江南にあるパクさんの所属会社の事務室から720万ウォン相当のパクさんの写真集をはじめ、2645万ウォン相当の音盤やカメラなどを持ち出した容疑も受けている。元マネジャーは「故パク・ヨンハさんを弔問しに来た知人に贈ろうとしてパクさんのDVD・CD・カメラなどを持っていった」とし「私たち(会社)のものと考えていたので窃盗ではない」と主張した。

続いて「詐欺をする考えなら、当時パクさんの日本のエージェンシーに銀行の伝票が入った封筒を置いてこなかったはずだ」と弁論した。しかし元マネジャーは、パクさんの家族に全額引き出すことをあらかじめ話さなかった部分については何の返答できなかった。判決公判は11月15日。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 17日 17:03