[芸能] カン・ドンウォングラビア、映画復帰インタビュー[フォト]

カン・ドンウォンが10月17日に発売されたファッション雑誌HIGH
CUTで“秋の男”に変身した。

東京市内の様々な場所で行われた今回の撮影では、カン・ドンウォンは相変わらずのビジュアルを見せつけた。カン・ドンウォンはアディダスオリジナルズのダウンジャンパーとスニーカーで今回のグラビアのコンセプトを200%表現し、ファッショナブルなグラビアを完成させた。

撮影とともに行われたインタビューでは、カン・ドンウォンは映画“群島:民乱の時代”の撮影現場であったエピソードとともに、共演したハ・ジョンウや演技に復帰した感想などについて話した。

ユン・ジョンビン監督の映画“群島”は、朝鮮の哲宗時代に貪官汚吏(欲深く不正を行う官吏)たちの虐政に立ち向かうために立ち上がった盗賊の集まりの話を描いた映画だ。カン・ドンウォンは民村たちを容赦なく踏みつぶす武官チョ・ユン役を演じた。昨年末、軍の服務を終えたカン・ドンウォンにとっては長編映画の復帰作であり、現在撮影は終盤であるという。

カン・ドンウォンは、「現場の感覚が確実に落ちた。今まではリハーサルで準備したものが実際の撮影で80%くらいはできていたけど、今はリハーサルしたものの50%もできない。現場の感覚を取り戻す為に時間がかかった」と明かした。

また、カン・ドンウォンは自身が演じたチョ・ユンについて、「今まで演技した中で最も難しいキャラクターでもあり、一番面白かった。百姓達が飢えて死んでいくのに自分だけうまくやって生きていくキャラクターだ。人を人として見ず、当たり前のように人に害を与える。たちの悪いやつだ」と話した。

すでに“デュエリスト”、“チョン・ウチ”などの時代劇映画で華麗な剣舞とワイヤーアクションなどをやってきたカン・ドンウォンは、今回の映画でもアクション専門の代役をほとんど使わずに直接アクションを行ったという。

カン・ドンウォンは、「99%までではなく、90%くらい(アクションシーンを)やった」と加えた。また、劇中長い刀を使うことに関しては「“デュエリスト”のときもそうだったけど、背のせいで刀を長くするしかなかった、刀が腕より短いとかっこ悪く見えるから」と明かした。

カン・ドンウォンは“群島”で共演したハ・ジョンウの盛んなエネルギーと活動に関して称賛を惜しまなかった。演技だけでなく、映画監督としてデビューし、“ローラーコースター”が公開されることに関しては、「ジョンウさんが監督デビューをしたことは本当にすごいし、羨ましいし、尊敬している。実は僕も周りで勧めてくれる人がいるけど、できなさそうだ。能力もないし、すごく大変そう」と話した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 17日 10:40