[ドラマ] ドラマ『未来の選択』初放送、『怪しい家政婦』と1ポイント差接戦

ドラマ『未来の選択』が初放送から『怪しい家政婦』と接戦になった。

14日に初回放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの『未来の選択』は9.7%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率で、同時間帯に放送されたSBS(ソウル放送)の『怪しい家政婦』(10.6%)と1ポイント差の成績をおさめた。これは前作『グッドドクター』の最終回視聴率(19.2%)よりも9.5ポイント下落した数値。『グッドドクター』の初回視聴率(10.9%)とは1.2ポイント差だ。

俳優イ・ドンゴン、女優ユン・ウネ、CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファ主演の『未来の選択』は、より良い自分自身のために、「未来のナミレ」のチェ・ミョンギルが「過去のナミレ」であるユン・ウネを訪ねることで展開されるタイムスリップドラマだ。この日、MBC(文化放送)の『火の女神チョンイ』は、2013プロ野球準プレーオフ第5戦の斗山(トゥサン)対ネクセン戦中継のため放送されなかった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 15日 11:04