[芸能] 女優キム・テヒ、「美しい顔キャンペーン」バザーで活躍

「人形みたい」。

LG生活健康のプレステージ化粧品ブランドのオフィ(OHUIが先天性顔面奇形の子供たちを助けるために用意した、女優キム・テヒと共にする「美しい顔キャンペーン」バザーが、10月13日午前11時から新寺洞(シンサドン)カロスキルのマグフォーラビットで行われた。

キム・テヒはネイビーカラーのミニドレスを着てオフィのバザー会場を訪れた。キム・テヒは挨拶の言葉で「今年で7回目を迎えるオフィ美しい顔キャンペーンに参加できる機会をいただき、感謝の気持ちでバザー会場に来た」として、バザー出席者にも深い感謝の言葉を伝えた。昨年に引き続き今年も直接参加したキム・テヒは、毎年美しい顔キャンペーンを記念するために限定販売される2013美しいナンバーワンキットを直接紹介し、バザー参加顧客のうち先着順5人にオフィベストセラーアイテムのセルパワーナンバーワンエッセンスとアイクリームで構成された2013美しいナンバーワンキットを贈呈した。

さらにキム・テヒは、自身が考える美しい顔を大型フォトウォールに表現し、子供たちの笑顔が世の中で最も美しい顔だと答えてフォトウォールにハートや子供たちの笑顔を描き、美しい顔と同じように美しい心で会場を温かくした。またキム・テヒは、先天性顔面奇形の子供たちの手術費のために直接製品を販売をするなど積極的な姿でファンたちから大きい反応を受けた。

オフィ美しい顔キャンペーンはソウル大学病院子供病院後援会と協力して毎年、先天性顔面奇形の子供たちの整形を後援する形で2007年から7年目を迎えている。これまでに91件の整形手術を支援し、顔面奇形の子供たちに元気な笑顔と明るい希望を取り戻しているキャンペーンだ。今回のバザーは美しい顔キャンペーン活動の一環で、昨年2012年に始めて今年で2回目だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 14日 10:53