[K-POP] SHINeeジョンヒョン「IUが『憂鬱時計』売ってくれと」(インタビュー)

SHINeeのジョンヒョンとIUの『憂鬱時計』の秘話が公開された。SHINeeジョンヒョンは10月7日に公開されたIUの正規3集『Modern Times』の収録曲の中の『憂鬱時計』という曲の作詞作曲フィーチャリングを担当した。この曲はIUと同世代の歌手であるジョンヒョンが制作したという点で多くの関心を集めていた。ジョンヒョンは最近newsENとのインタビューで、「もともと僕が歌おうと作った曲だ。IUと普段から音楽の話をたくさんするけど、編曲をどうするか相談しようと思って送った。次の日の午前にその曲を自分に売ってくれと言ってきた。運が良かった」とこの曲がIUのものになるまでの秘話を明らかにした。題名のように歌詞には『憂鬱』という言葉が20回以上出てくる。ジョンヒョンは「2~3時間で作った。眠れなくて憂鬱な気分になってその日にあったことを日記を書くかのように綴った。だから歌詞が日記みたいだ」と話した。また、「でも聞いている人まで憂鬱になるように作った曲ではない。憂鬱な気分を晴らしてもらおうと書いた曲だ。我慢して待っていれば大丈夫だと自分を励ますために書いた話だ」と話した。一方、ジョンヒョンが属しているSHINeeは、ミニアルバム5集『Eveybody』でカムバックした。先週末の音楽番組でカムバックステージを公開し、好評を得ている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 14日 14:50