[芸能] G-DRAGON、ジャスティン・ビーバーらのクラブでの行為が問題に

10月11日午前、ソウル江南(カンナム)の某クラブで開かれたパク・ジェボムのヒップホップレーベル“AOMG”のランチングパーティーにはワールドスターのジャスティン・ビーバーをはじめとし、国内の有名芸能人たちが多数参加した。非公開で行われたこの日のパーティーは、楽しい雰囲気の中無事終了したと伝えられた。しかし、10月12日にジャスティン・ビーバーが江南のクラブパーティーに参加したという一部ネチズンたちの暴露によって不確かな情報がSNSなどで急速に広まった。噂のうちのひとつは、クララとG-DRAGONがクラブでいちゃいちゃしながらダンスを踊ったというものだった。クララとG-DRAGONが体を密着させ踊っている姿を見たと主張するネチズンは、写真一枚を自身のFacebookに掲載した。この写真は踊っている多数の人たちが写っており、ぼけている。しかし、写真の中で踊っている男女がクララとG-DRAGONだと確信した一部のネチズンたちが冷ややかな反応を見せている。また、ジャスティン・ビーバーが同僚ミュージシャンのマイケル・ウッドの公演を妨害したという内容のものだ。あるネチズンがオンラインコミュニティ掲示板に掲載した“ジャスティン・ビーバーのThe Aでの蛮行”という文がもとに騒ぎになっている。非公開パーティーである以上、確かな事実ではなく、ジャスティン・ビーバーの行動の理由も公開されなかったという点で、多くのネチズンたちが疑問を抱いたが、一角ではこの噂も事実である批判しているネチズンたちもいる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 13日 12:20