[K-POP] SISTAR単独コンサート[団体フォト]

デビュー4年目のSISTARが韓国最高のガールズグループとしての底力を見せた。SISTAR(ヒョリン、ボラ、ダソム、ソユ)は10月12日午後6時にソウルオリンピック公園オリンピックホールで2回目の単独コンサート“Live Concert S”を開催した。この日、SISTARは『Give It To Me』、『Push Push』、『Ma Boy』、『Alone』、『虚飾ガール』、『Loving U』などのヒット曲のステージを披露し、公演を盛り上げた。計2時間半の間行われた今回の公演は休む間もなく進行され、会場は熱気で溢れていた。特にSISTARのメンバーたちは今回のコンサートを通して準備した個性あふれるソロステージを披露し、注目を集めた。成人になったダソムは女性らしさ溢れるCornne Baiey Raeの『Like a Star』を熱唱し、セクシーアイコンと呼ばれているボラはイ・ヒョリの『Miss Korea』に合わせ、自身が作詞したラップの歌詞を披露した。清純さとセクシーさを持ち合わせたギャップの持ち主のソユはリアーナの『Wo Found Love』、韓国のビヨンセと呼ばれているヒョリンは『End of Time』のステージを披露し、観客の熱い歓声を浴びた。2010年6月に『Push Push』で歌謡界にデビューした4年目のガールズグループSISTARは、『虚飾ガール』、『So Cool』、『Alone』、『Loving U』などを連続ヒットさせ、3年で韓国最高のガールズグループに成長した。破格チャレンジを続けるガールズグループが溢れる中で、頭角を見せ始めたSISTARはこの日、100%ライブで行われた公演で派手なパフォーマンスと安定の歌唱力を見せつけ、4人4色の魅力を披露した。地道な努力で頂点に上がり、毎回ガールズグループ特有のセクシーコンセプトに縛られず、さまざまな魅力を見せてきたSISTARのこれからの活躍に期待が集まっている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 13日 09:23