[芸能] 故チャン・ジャヨンさんの元所属事務所代表 有罪が確定

最高裁は11日、タレントの故チャン・ジャヨンさんの元所属事務所代表キム被告(44)に対し、懲役4月、執行猶予1年を言い渡した原審を確定した。

キム被告は08年、会社の職員に自分を悪口を言ったとしてチャンさんに暴行・脅迫した容疑などで起訴され、1審で懲役1年、執行猶予2年が言い渡された。
しかし控訴審は脅迫罪の部分を無罪とし、減刑した。

また最高裁は名誉毀損容疑で起訴されたチャンさんの元マネジャー(33)に対しても、懲役1年、執行猶予2年の原審を確定した。

元マネジャーは2009年3月にチャンさんが死亡した後、「キム代表がチャンさんに性接待を強要した」という内容のいわゆる「チャン・ジャヨン文書」があるかのように報道機関に伝え、キム代表の名誉を傷つけた容疑で起訴された。

Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 10月 12日 08:40