[映画] 「カンチョリ」観客動員数100万人突破!

2日に上映がスタートした映画「カンチョリ」が全年齢層の熱い支持を得て、全国100万人の観客動員数を突破した。

映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると「カンチョリ」は11日まで累積観客数101万 9291人を動員した。
11日の観客数は3万 3034人でボックスオフィスは3位となった。

「カンチョリ」は若者向け映画というイメージとは異なり、幅広い年齢層の観客に支持されている。映画チケット前売りサイトであるmaxmovie基準によると、同映画は40代以上の中年層の前売り券購入率が40%に迫る。

刺激的なテーマと母と息子の感動ストーリーが幅広い年齢層に支持されている理由と思われる。また、ユ・アイン、キム・ヘスク、キム・ジョンテ、キム・ソンオ、チョン・ユミなど、実力派の俳優たちの共演も作品の長所といえよう。

ユ・アインとキム・ヘスクが主演を務め、公開前から話題を集めた映画「カンチョリ」は、根性だけは誰にも負けない釜山の男カンチョル(ユ・アイン)が、この世で一番愛する女性である母スニ(キム・ヘスク)を守るために自分の人生をかけた危機に瀕して、繰り広げられる物語だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 12日 11:58