[ドラマ] ZE:Aドンジュン、青少年障害理解ドラマに出演

ZE:A(ゼア)のドンジュンが青少年障害理解ドラマに無報酬で出演する。

所属事務所のスター帝国は報道資料を通じて、ドンジュンが障害理解ドラマ「空壁に登る」で、高校生テホ役を演じると11日に伝えた。
テホは有名な登山家だったが、事故で半身不随になってしまった父(ソン・ビョンホ)との確執を経験する人物だ。
ドンジュンは同作品でフリークライミングに挑戦する。劇中フリークライミングをする視覚障害者の学生(キム・ボラ)との対立を乗り越え、友情を育む予定だ。

今年で6回目の制作となる障害理解ドラマは、2009年から毎年障害者の日に合わせ、KBSで放送されている。
障害理解の教育の一環で制作される同作品は、教育ドラマらしく企画段階でも外部の委員との協議を経て作品テーマの現実性と斬新性の有無を検証、障害を持つ学生との懇談会を通じて視聴する学生の自発的な関心を誘導するための土台を作った。

「空壁に登る」は10月末に撮影を終え、12月の試写会を経て2014年の障害者の日(4月22日)に地上波で放送される予定だ。

写真=スター帝国

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 12日 00:22