[映画] T.O.P主演映画「同窓生」日本で上映決定!プレミアムイベントも開催

BIGBANG(ビッグバン)のT.O.P (タップ、本名:チェ・スンヒョン)が主役を演じた映画「同窓生」が日本で上映される。

所属事務所YGエンターテインメントは11日、「『同窓生』は来年1月25日に日本での公開が決定した。公開を記念してプレミアムイベントを開催する予定」と明らかにした。

映画「同窓生」は、唯一の家族である妹(キム・ユジョン)を守るため韓国へ行き工作員になるという危険な提案を受けるしかなかった北朝鮮の青年ミョンフン(チェ・スンヒョン)の運命を描いた作品だ。

2010年の映画「戦火の中へ」でスクリーンデビューを果たして以来、安定した演技力を評価され、青龍映画賞で新人男優賞を獲得し映画界の新星として浮上したT.O.Pの3年ぶりとなる主演作。

T.O.Pは「映画『同窓生』は妹を守るために韓国で暗殺工作の命令を受ける19歳の少年を描いた物語だ。激しいアクションシーンが見所だが、悲しい恋の描写も多い。色々な姿をお見せしたい。今回の日本公開を記念したイベントでは初めて単独イベントを開くことになったが、たくさんの方が観に来てくれたら嬉しい。様々な企画を準備して待っているから、僕と一緒に楽しい思い出を作ってほしい」と伝えた。

映画「同窓生」は11月6日に韓国で公開される。

写真=YGエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 11日 13:41