[ドラマ] イ・ミンホ主演「相続者たち」、中国で人気爆発の兆し

イ・ミンホがSBS新水木ドラマ「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」(以下「相続者たち」)を通じて約1年ぶりに国内外のファンに姿を見せたなか、たった2話放送ですでに中国で人気爆発の兆しが見えている。

イ・ミンホは10日、weibo(中国版Twitter)に「10月10日10時!今夜! SBS『相続者たち』第2話が放送されるよ~ ^^」という文と共に近況写真をアップした。

これにはたった1日で1万 1000件余りのコメントと1万 4000個の「イイネ」がつけられた。

このようなイ・ミンホの中国での人気は今回が初めてではない。
2012年SBS「シティーハンターin Seoul」は放送当時、1話につきVODクリック数が5000万件に達するなど、中国現地で熱風を呼び起こした。

ドラマ「相続者たち」は、「パリの恋人」、「紳士の品格」で有名なロマンチックコメディーの女王キム・ウンスク作家と、「いかさま師~タチャ」、「マイダス」などを演出したカン・シンヒョ監督が意気投合した作品。

物語は富裕層の高校生たちの友情と恋を描いたホットな青春ロマンチックコメディジャンルで、韓国上位1%の相続者たちが平凡で現実的に暮らす貧乏相続者である女主人公ウンサンを巡って繰り広げるラブストーリーを描いていく。

写真=イ・ミンホ weibo


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 11日 10:17