[映画] T-ARAヒョミンが10日に出国、東京国際映画祭に出席へ

ガールズグループT-ARA(ティアラ)のヒョミンが女優として東京国際映画祭に出席する。
当初はケーブルチャンネルMnet「M COUNTDOWN」のスケジュールで出席できない状態だったが、何とか日本行きの飛行機に乗ることができた。

T-ARA ヒョミンは17日、東京で開催される第26回東京国際映画祭のレッドカーペットを歩く。映画祭側から公式招待されていたが、カムバック活動のスケジュールによって不参加を伝えていた。

所属事務所は「『M COUNTDOWN』の事前録画によって当日の午前に飛行機に乗り、レッドカーペットイベントと記者会見に参加できるようになった。韓国でのその他のスケジュールのため当日の最終便で帰国する」と伝えた。

ヒョミンは映画「ジンクス!!!」で韓国の留学生ジホ役を演じ映画祭に招待された。

同映画は『ラブレター』をはじめ『踊る大捜査線』シリーズなどを制作したROBOTが企画および制作をし、映画『君に届け』の熊澤尚人監督が演出を手がけた。

日本の大学で知り合うようになった2人の大学生の友情と愛の物語を描いた映画だ。

第26回東京国際映画祭は17日から25日まで開催される予定だ。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 11日 08:46