[芸能] 女優パク・ジニ、室内人工氷壁場で冬のファッション撮影

女優パク・ジニが室内人工氷壁場で冬のファッショングラビア撮影を行った。

ブランドOlivia Hasslerは、パク・ジニの健康美と冬のファッションを際立たせようと世界最大規模でギネスブックにも登録されているソウル牛耳洞(ウイドン)の室内人工氷壁場を撮影場所に選んだ。垂直の高さが20メートルに達する巨大な氷壁場は近づくと寒波を連想させるほどの寒気を吹き出していた。

パク・ジニは零下10度の寒さの中でも乱れない姿勢と堂々とした魅力を披露してボディーラインを強調するダウンジャンパーから暖かさが引き立って見えるセーターまで多様なファッションを完ぺきにこなした。特に寒さにもかかわらず氷壁に似合うポーズを自ら提案してベテランの面目を遺憾なく果たした。

また、スタッフにも温かいお茶を1人ひとり手渡して撮影の雰囲気もリードしたという後日談だ。ペ・ソンホ本部長は「一般的なスタジオから抜け出して氷壁場で撮影を進め、異色で感覚的な冬のグラビアを完成させた」として「今年の冬もパク・ジニとともに30、40代の女性のための多様なファッションを披露する予定だ」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 09日 15:18