[K-POP] 少年共和国、新アルバムとカムバックの抱負は?

8日午後、5人組新人グループ少年共和国(Boys Republic)が1stミニアルバム「IDENTITY」のショーケースイベントをソウル・江南区(カンナムグ)ILCHI ART HALLで開催し、今後の抱負について語った。

この日メンバーのスウンは「前回は19位だった。今回は少なくとも15位くらいには入りたい」と目標を開かした。

ソンジュンは「デビュー当時はグループ名のおかげで認知度が上がった。でもまだ僕たちのカラーをお見せできていない。ゲリラコンサートなどを通して認知度を高めたい」と話した。

リーダーのウォンジュンは「少年共和国のミニアルバム『IDENTITY』は国内のほかのアイドルが挑戦しなかったロックに挑戦したということに意味がある。僕たちだけができるメタルジャンルにロックを織り交ぜ、これまでのアイドルとは違った音楽を披露できたようだ」と新アルバムに対する自信を語った。

「IDENTITY」のタイトル曲「君は僕にとって特別」は、LAメタルサウンドの強烈なギター演奏とともに、7つのそれぞれ異なるような独立したフレーズが連結されている、ユニークな形式のポップロックスタイルの楽曲だ。

悪い男に対する辛辣かつストレートな言葉を吐き出し、サビでは明るくクールな雰囲気のメロディーで、愛する女性に堂々と気持ちを表現する歌詞が特徴だ。

今回のミニアルバムの収録曲は北欧でパク・グンテプロデューサーの指揮の下、世界的な作曲家グループのデザイン・ミュージックとスウェーデンの新人作曲チームD30、そして韓国の実力派作曲家が共同制作し、少年共和国メンバーウォンジュンが作詞に参加した。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 09日 09:34