[K-POP] KARA、ニコル抜き4人体制? ジヨンも抜けて3+アルファ?

ガールズグループKARAが、ニコルとジヨン抜きで今後どのようにチームをつくっていくのか悩むことになった。

ニコルは最近KARA脱退を公にし、来年4月で所属会社との契約が満了するジヨンは残留すか進路を検討中だ。ギュリ、ハラ、スンヨンら3人だけが再契約を行ってKARA残留を決めた状態だ。所属事務所関係者は今後のメンバー構成について「新メンバーを追加する可能性もあり、ジヨンが合流した4人、または3人で活動するなど幅広く考えている」と話した。さらに「まだ契約満了まで3カ月余り残っている。ニコルは契約終了時まで最善を尽くしてKARAの活動を終えるだろう」と説明した。

現所属事務所のDSPメディアと再契約の意思がないことを確定させたニコルは、ソロで活動する予定だ。来年1月の契約が終了後、ソロ活動についての全般的な枠組みをつくるものと確認された。ある歌謡関係者は「ニコルはすでにソロ活動への決意を固めたようだ。DSPを離れて新しい所属事務所でソロアルバムを出す計画のようだ」として「所属事務所はまだ決まっておらず物色中らしい」と漏らした。

ジヨン(19)は思いが複雑だ。14歳でチームに合流して学生時代をほとんど楽しめなかったジヨンは海外留学を検討中だ。ジヨンの側近は「海外留学について考えているのはその通りだが、具体的に調べてはいない。正確な時期や場所について交わした言葉もない」として「ただ口癖のように話している」と説明した。

ギュリ、ハラ、スンヨンら3メンバーは2016年1月までKARAの名前を守る。歌謡界では核心メンバーがKARAに残留し、チーム活動には大きい支障がないと見ている。

2007年にギュリ、スンヨン、ニコル、ソンヒの4人組でデビューしたKARAは、その後ソンヒが抜けて2008年『Rock U』の活動からハラとジヨンが合流し5人組になった。KARAは8日か11月末まで日本7都市を巡回するアリーナツアー「KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』」を開催する。この公演が現5人体制KARAの最後の舞台になる可能性が高い

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 07日 10:14