[映画] 『監視者たち』女優ハン・ヒョジュ「私が持っている能力より格好良く表現された」

女優ハン・ヒョジュが映画『監視者たち』に出演した感想を明らかにした。

6日午後、釜山・海雲台(ヘウンデ)区・佑洞(ウドン)のBIFFヴィレッジで、同映画の野外舞台挨拶が行われ、ハン・ヒョジュはチョ・ウィソク監督と俳優チョン・ウソンと共に出席した。

ハン・ヒョジュは「映画の中でとても賢いキャラクターを演じた。そう見えるように監督がたくさん配慮してくださった。私の持つ能力よりも格好良いキャラクターが、映画の中では見られる」と付け加えた。

ハン・ヒョジュは同映画を通じて、今まで見せてきた女性的な素敵な魅力とは違い、アクションを披露して新しい魅力を誇示した。彼女は劇中、中心人物として演技を披露し、共に出演したソル・ギョング、チョン・ウソン以上の好評を得た。

ハン・ヒョジュは「『監視者たち』のおかげで1年間とても幸せだった。とても良い作品だった。次の作品も一生懸命準備する」と話した。また「慎重に次回作を選んでいる。近いうちに良い姿で再び挨拶できるだろう」と近況を伝えた。

一方『監視者たち』は自身の正体を隠したまま、形跡さえない犯罪組織を追う監視専門家たちの、息が詰まる追跡を描いた犯罪アクション映画だ。7月の公開後、500万人の観客を突破してヒットを飛ばしている。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 06日 20:01