[K-POP] “解散説”KARAの所属事務所「ニコルは脱退、ジヨンは熟考中」

ガールズグループKARAの所属事務所がチームの解散説に関し、公式立場を明らかにした。

DSPメディアは4日、KARAの国内契約に関し、「パク・ギュリ、ハン・スンヨン、ク・ハラの3人は2年再契約を終え、今後の活動をDSPと一緒にすることを決めた」と伝えた。続いて「カン・ジヨンは他のメンバーとは違い、来年4月に契約が終わるため、歌手活動と学業など進路についてもう少し時間をかけて考える予定」と説明した。

しかしチョン・ニコルはDSPメディアと再契約の意思がないことを明らかにし、来年1月に予定通り契約が満了すると明らかにした。

DSPメディアは「KARAは(ニコル、ジヨンら)一部のメンバーが再契約せず離脱しても、チームの解散なく、国内および海外活動に引き続き専念していく予定」と説明した。

これに先立ち日本のあるメディアはこの日、日本ツアーを最後にKARAが解散すると伝え、解散説が広まっていた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 05日 12:00