[芸能] ハン・イェスル、女優業復帰は秒読みか

女優ハン・イェスルが来年頭のカムバックを目標に、次期作の選定に拍車をかけている。

2011年、ソン・ジュンギと共演した映画「ちりも積もればロマンス」に出演後、ハン・イェスルは2年以上次期作を決めることができず、これまで広告や業界関連のイベントにだけ顔を出してきた。

だが遅くとも来年の初めまでには次期作を決定し、本業である女優業に復帰する計画だ。 最近ファッションデザイナーに変身したハン・イェスルは、自身のデビューの場で今後の計画を語った。

1日午後、ソウル・漢南洞(ハンナムドン)グランドハイアットホテルで開催されたファーブランド「BENDI」のローンチショーの記者会見でハン・イェスルは「本当は女優としての活動を先に始めたかったが、それより先にこうしてお会いすることになった」とし、「空白期間が長くなり復帰が多少遅れている感じもするが、来年初には必ず芸能界で活躍する姿を見せることができるだろう」と強調した。

続いて「そのときまでもう少し待ってくださるよう願っている。そして復帰する際には両腕を広げて歓迎してほしい」と伝え、特有の愛嬌満点の笑顔を浮かべた。

ハン・イェスルはこの日、大成功を収めたローンチショーを通じてデザイナーとしてもデビューした。同ファッションショーでは服の選定、音楽、演出、舞台、ヘアー、メークまで全ての工程に携わり、ブランドのローンチを成功させるため尽力した。

写真=キム・ビョングァン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 05日 16:11