[映画] カン・ドンウォン、釜山国際映画祭騒動の一連の流れ

カン・ドンウォン側 vs 釜山国際映画祭側、開幕式イベント不参加に関する一連の騒動の真実はいかなるものか。

第18回釜山国際映画祭(BIFF)側は、3日に浮上した俳優カン・ドンウォンの「The X」(監督:キム・ジウン)のGV(観客との対話)不参加に関する騒ぎと関連し、カン・ドンウォン側に対し映画祭への不参加を要求したことは一切無いと話した。

事の発端は3日、カン・ドンウォン側の主張だった。
当時カン・ドンウォン側は映画祭に参加しない理由について「映画祭側(ナム・ドンチョル氏)から『レッドカーペット及び記者会見に参加できないなら映画祭に来なくていい』と言われ、参加できなかった」と、映画祭側の横暴を主張し、騒ぎになった。

カン・ドンウォン側のこのような主張に対してBIFFのプログラマーナム・ドンチョル氏が「そんなことを言った覚えはない」と否認する中、カン・ドンウォン側は4日午前、再び予定されていた「The X」のGVに参加することに予定を変更、実際イベントにも参加した。

その頃ナム氏が緊急記者会見を開き、この騒動は一段落つくのではないかと思われていたが、午後7時行われた会見の内容は衝撃的なものだった。

ナム氏は「カン・ドンウォンの所属事務所は『レッドカーペット及び記者会見に参加できないなら映画祭に来なくていい(と言われた)』と主張しているが、それは事実ではない。これまで所属事務所より、映画の制作会社であるCGVとコミュニケーションを取ってきた。CGV側はBIFF開幕日の5時にCGVセンタムで『The X』の技術試写会を開くことになっており、そこにカン・ドンウォンが参加する予定だと聞いた」と話した。

続けて「結果的にカン・ドンウォンはBIFF開幕日と同日に予定されていた技術試写会には参加するが、開幕式には参加できないと言われた。それがCGV側から伝えられたカン・ドンウォンのスケジュールだった。その後、カン・ドンウォンの所属事務所との通話で『開幕式の時間にCGVセンタムへ行くようだが、BIFFの開幕式に不参加となると、その理由を記者にどう説明すればいいか。開幕式に参加するか、または翌日記者会見を開くか、どちらか1つは是非お願いしたい』と私が言った。それに対してなぜ興奮したのか分からないが、所属事務所側はそのような私の頼みに対して興奮したようだ」と話した。

さらに「我々はカン・ドンウォンが映画を事前に観るのならば、ソウルで観ても良いから開幕式の時(釜山の)センタムに現れる理由がないのでは、と考えた。それで私は開幕日にセンタムに来ないでほしいと話した。なぜなら開幕式には参加しなくても、式に参加した映画関係者たちに対する礼儀だと思い、開幕式の当日はセンタムには来ないでほしい、と言った。それが映画祭に来ないで、という話とは思えない。誤解は生じかねないが、どんな誤解であれそんな嘘はつくべきではない。誤解が生じたり、感情を害したりすることは理解できるが、だからといって嘘をついて映画祭を非難するのは違うのではないかと思う」と付け加えた。

このようなナム・ドンチョル氏の主張を聞いたカン・ドンウォン側と「The X」の企画、製作を担当したCJ CGV側は今後の対応について議論している。

写真=映画スチール カット


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 05日 12:08