[芸能] パク・シフ、3か月ぶりの帰国「相変わらずセンス抜群のファッション」

パク・シフが半年ぶりに姿を現した。

パク・シフは5日午前5時頃、米国LAでのグラビア撮影および休暇を終えて仁川(インチョン)国際空港から帰国の途に着いた。

米国へ渡り3か月、そして性暴行容疑の騒動以来6か月ぶりに取材陣のカメラにとらえられた。

この日パク・シフは取材陣の姿に慌てる姿を見せながらも、落ち着いて対応した。
「復帰の時期はいつ?」という質問には短く「申し訳ありません」と答えた。

目を引いたのは取材陣が現場にいるかわからなかったにもかかわらず、空港ファッションでファッショニスタの一面を見せたことだ。

フードにサングラスをかけ、独特の模様のTシャツを着てヘッドホンをつけていた。

空港にはパク・シフのファン数人が彼の帰国を待っており、取材陣もパク・シフの一挙一動をカメラに収めるため押し寄せた。まだ自粛期間だが、韓流スターとしての人気を再確認させた。

一方パク・シフの所属事務所代表であり実の弟であるパク・ウホ氏は3日、「公人として社会的物議をかもした点について深くお詫び申し上げる。翼を失った幼い鳥の面倒を見るような慈悲深い視線で俳優パク・シフを見守ってくだされば、公人としての大事な責任感を忘れず、最善を尽くす役者になる」と公式に謝罪した。

写真=キム・ビョングァン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 05日 14:58