[K-POP] 歌手チョン・ジュニョン、美大生と共に壁画に挑戦

歌手チョン・ジュニョンが、デビューアルバムのトラックリストをサプライズ発表した。

チョン・ジュニョンは4日未明、他の歌手とは違うユニークな手法でデビューアルバムのトラックリストを発表した。彼は若さと芸術が息づく弘益(ホンイク)大学前の壁画通りで、異色の壁画を通じてトラックリストを公開した。

トラックリストには、先行公開曲「病気です(Spotless Mind)」の他に「本当に?」「別れの10分前」「Be stupid」「知っている番号」「Take off Mask」の計6曲が書かれている。また、赤い色で強調された「別れの10分前」は、今回のアルバムのタイトル曲であることを示している。

予告なしに公開されたチョン・ジュニョンのトラックリストの壁画は、チョン・ジュニョンと美大生らが共同で制作した作品だ。弘益大前通りの壁に描かれている学生たちの絵からインスピレーションを受けていたチョン・ジュニョンが、特別な方式でトラックリストを公開しようと企画したものだ。

3日の朝から現場を訪れ、作業に自ら参加した。難易度の高い絵は大学生らが引き受けたが、チョン・ジュニョンは下地を塗ったり、図面を作成するためにテーピングをしたり、楽しく作業に取り組んだ。

チョン・ジュニョンは自らギターの絵に挑戦したが、完成度を高めるために、後から大学生らが手直ししたそうだ。

今回のトラックリスト公開を通じて実体が明らかになったチョン・ジュニョンのデビューアルバムでは、普段からロックを愛してやまないチョン・ジュニョンらしく、ロックサウンドをベースにファンキーなジャンルの曲まで多様なスタイルの曲を披露する見通しだ。

所属事務所のCJ E&Mは「サウンドに非常に気を配ったアルバムだ。音楽的サウンドに対する熟考が引き立つアルバムになるだろう。最近多用されている機械的なサウンドよりも、韓国最高の技術者たちとの作業に重点を置き、ライブの生演奏を聴くようなリアルなサウンドを作り上げた。クォリティーの高いサウンドと共にロックという枠の中で多彩なカラーの音楽を繰り広げたのが今回のアルバムの核心だ」と明らかにした。

チョン・ジュニョンは10日、「別れの10分前」をタイトル曲としたデビューアルバムのリリースを控えている。同日、ケーブルチャンネルMnet「M COUNTDOWN」を通じてタイトル曲を披露する。

写真=CJ E&M

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 05日 00:45