[映画] 俳優イ・ジョンソク、鎖骨ラインを自画自賛?!

2日に放送されたSBS「真夜中のTV芸能」では映画「ノーブレッシング」の主人公を演じた4人-イ・ジョンソク、ソ・イングク、クォン・ユリ、パク・チョルミンのインタビューが行われた。

この日、リポーターがイ・ジョンソクの上半身裸の写真を見せて本人に、「自分のスタイルに何点をつける?」と尋ねると彼はすぐに「30点だ」と謙虚に答えた。

自分の体つきに満足できない低い点数だったが、彼にも自信があるパーツがあった。
イ・ジョンソクは「どの部分に一番自信を持っているか」という質問に「鎖骨から肩につながるラインがきれいだと思う」と答えたあと「男性芸能人の中ではソ・ジソブ先輩の次にいい肩をしていると思う」と自信を見せた。

イ・ジョンソクは映画「ノーブレッシング」で共演した少女時代のメンバークォン・ユリとのラブシーンについて「頭のにおいをかぐシーンがあった。その日はとても暑かった」と話してクォン・ユリを困らせた。

写真=SBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 02日 23:00