[K-POP] 本日(2日)Block.Bが1年ぶりにカムバック!

人気グループBlock.B(ブロックビー)が約1年間の空白期間を経て、ようやく音楽界に帰ってきた。

2011年4月にデビューし、リーダーのジコのプロデュースを中心にメンバーたちが作曲に携わるBlock.Bは、これまで元所属事務所との紛争など少なからぬ問題により音楽界を離れていた。そんな彼らが本日(2日)、3rdミニアルバム「Very Good」の音源及びタイトル曲のミュージックビデオを電撃公開し、1年ぶりに活動を再開する。

昨年発売したフルアルバム「BLOCKBUSTER」以来、約1年ぶりに舞い戻ったBlock.Bは、これに先立ちリリースしたミニアルバムの先行配信曲「光になってくれ」を通じてこれまでのイメージとは異なる成熟した魅力を見せた。

今回のミニアルバムのタイトル曲「Very Good」はジコとPop timeが手がけた楽曲で、軽快なリズムにユニークな歌詞が調和を成しており、Block.Bの個性を際立てている。

これまで披露してきたタイトル曲に比べ軽めの音楽になっているものの、Block.Bの音楽的なカラーは保っている。

ミニアルバムとは思えないほど充実したトラックで、特に収録曲「いつどこで何をどのように」はボサノバ風で雰囲気のあるストーリーテリングが際立つ曲だ。これまでラッパーにこだわってきたパクギョンが同曲でボーカルに挑戦し、R&BグループUrban Zakapaのチョ・ヒョナがフィーチャリングとして参加するなど、アルバムの完成度をさらに高めた。

Block.Bは3日、ファンミーティング兼ショーケースを皮切りに本格的な活動を繰り広げる予定である。この日のショーケースはYouTube、Mnet.com、Mwave、allkpopなどを通じて生中継される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 02日 16:24