[芸能] 俳優チャン・グンソク、日本ファン1300人と熱い夜

俳優チャン・グンソクが日本ファンと熱い夜を過ごした。

チャン・グンソクは先月29、30日の2日間、江原道(カンウォンド)のフェニックスパークで日本ファン1300人と「2013 LOTTE DUTY FREE JANG KEUN SUK in Star Aveue 2nd 1泊2日Camp」を開いて特別な時間を送った。

彼はミュージック・トークを通じて「大好きな歌」を自ら選曲し、飾らない話でファンと交流した。

ミニコンサートではセカンドアルバムに収録された『Nature Boy』『indian Summer』など5曲の舞台を披露してファンを熱狂させた。

今回のファンミーティングは夕食をはじめとしてチャン・グンソクと一緒に楽しむワインパーティー、ミュージックトーク、ミニコンサートなど24時間では足りないほどの充実の内容で構成され、ファンから熱い呼応と賛辞を受けた。

ファンと共にワインで祝杯を上げたり抽選イベントを行ったりするほか、ファンの願い事を叶える時間などが用意され、ファンへの格別な愛を立証した。これまで舞台やイベントでは見られなかった特別なファンサービスやイベントを準備し、ファンに忘れることのできない思い出をプレゼントしながらより深い共感を得た。

この日、すでに売り切れた公演のチケットを求めるファンのために特別にチケットを用意するなど、最高のファンサービスを発揮した。より多くのファンと疎通するためのチャン・グンソクの細心な配慮は、ファンにあふれる感動を与え、ファンも「ファンミーティング」でない「ハグ祭り」だったと口をそろえて感心した。

宝探しの景品では、自ら準備したという愛蔵品や抱擁などで親密にファンにアプローチしたチャン・グンソクは、ファンが宿泊しているホテルにサプライズ映像メッセージを準備する細やかさも忘れず、内容の濃い1泊2日のスケジュールを終えた。

チャン・グンソクはソウルでなく江原道で日本ファンとの時間を過ごしたので、韓国の地方名所についての広報も忘れなかった。

一方、チャン・グンソクは11月にKBS(韓国放送公社)第2テレビの新しい水木ドラマ『きれいな男』(仮題)でカムバックする。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 01日 15:53