[K-POP] 歌手シン・スンフン、10月23日に4年ぶりに新譜リリース

「バラードの皇帝」こと歌手のシン・スンフンが4年ぶりにニューアルバムを発表する。

シン・スンフンは23日に新しいアルバム『Great Wave』をリリースする。

2008年に発表した『Radio Wave』と2009年『Love O’clock』に続く「3 Waves of Unexpected Twist(スリー・ウェーブス・オブ・アンエクスペクテッド・ツイスト)」シリーズの完結版だ。

シン・スンフンが6年にかけて音楽的アイデンティティーを探る実験と、その旅程を締めくくるアルバム『Great Wave』は、先立ってリリースされた2つのアルバムの長所を極大化した曲で構成されている。

シン・スンフンを代表するバラード曲はもちろん、ブリティッシュポップ、ヒップホップ、ディスコなどさまざまなジャンルと組み合わせて新しい音楽世界を切り開いたことが伝えられた。

今回のアルバムは音楽的な面はもちろんジャケットとミュージックビデオ映像などビジュアル的な面にも心血が注がれた。各分野における最高のスタッフが集結して、シン・スンフンの6年間にわたる長い音楽の旅に花を添えた。

所属事務所側は「4年間、曲づくりにまい進していたシン・スンフンは今年8月からレコーディングを始めた。9月末に全曲のレコーディングを終えて、現在ミキシングやマスタリングなど後半作業だけを残している」とし「コンサートの準備も熱心に進めている。11月9日にソウルオリンピック公園体操競技場で単独コンサートを開く計画」と明らかにした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 01日 14:18