[映画] 「観相」公開3週目で観客800万人突破

映画「観相」(監督:ハン・ジェリム、制作:JUPITER FILM)が公開3週間で800万人の観客を動員した。

映画新興委員会の映画館入場券統合ネットワーク集計によると、30日午前10時30分基準で「観相」は804万6315人の累積観客数を記録しボックスオフィス1位を守っている。

この記録は昨年1000万の観客を動員した映画「光海、王になった男」と「7号室の贈り物」よりもスピードが速く、勢いがある。

「観相」は王の座が危機にさらされた朝鮮で、人物顔を見ることで未来を見越す天才観相家が朝鮮の運命を変えようとすることで繰り広げられる物語だ。ソン・ガンホ、イ・ジョンジェ、ペク・ユンシク、チョ・ジョンソク、イ・ジョンソク、キム・ヘスなどが出演し、「優雅な世界」「恋愛の目的」を演出したハン・ジェリム監督がメガホンを取った。

写真=映画ポスター


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 30日 10:33