[ドラマ] 女優パク・ハソン、『Two Weeks』放映終えて「一段階成長した感じ」

女優のパク・ハソンはMBC(文化放送)の水木ドラマ『Two Weeks』を終えた感想として、「一段階成長した感じ」と明らかにした。

26日に放映が終了した『Two Weeks』で、パク・ハソンは殺人の冤罪をかぶることになったイ・ジュンギ(チャン・テサン役)の初恋の相手ソ・イネ役を演じた。

劇中、チャン・テサンの娘が骨髄移植手術を受けられるように、娘と骨髄が一致したチャン・テサンを助ける役割を演じた。

この過程で深い母性愛が感じられる演技と切なくも緊張感あふれる演技で好評を引き出した。

パク・ハソンは「『Two Weeks』を通じて多くのことを学んだ。また一段階成長した感じがする。共演した出演者やスタッフの方々と、最後まで見守って下さったすべての方々に感謝したい」と放映終了の感想を伝えた。

一方、『Two Weeks』後続として、クォン・サンウ、チョン・リョウォン、チュ・ジフン主演の『メディカルトップチーム』が放送される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 27日 14:34