[芸能] コン・ヒョジンらの所属事務所がユニセフの寄付キャンペーンに参加

チョン・ドヨン、コン・ユ、コン・ヒョジン、リュ・スンボム、キム・ミニなどの俳優が所属する芸能企画事務所のマネージメントSOOPは、ユニセフ韓国委員会を通じて寄付キャンペーンに参加した。

同事務所は創業3周年を迎え、何か意味のあることをしようとの趣旨から始まったもので、韓国の多文化家庭(外国人と結婚した人の家庭)および家計が苦しい家庭に生活用品を寄付することに決めた。

寄付品はトイレ用品や家庭の衛生のために必要な製品で、ユニセフ韓国委員会を通じて国内外の貧困家庭や福祉施設などに提供される。

また今回の寄付活動は1回にとどまらず、事務所と所属俳優たちが長期的に参加するという計画だ。

事務所の関係者は「大きな金額ではないが、これまで俳優たちに送ってくださった声援に感謝する意味で、ささやかながらも今回の寄付に参加することになった。普段から少しでも国内外の恵まれない人々の役に立ちたいと思っていたが、やっと実践することができ、会社レベルでも寄付のための様々な活動と長期的な社会への貢献を地道に続けていきたい」と語った。

写真=Management SOOP


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 27日 21:47