[K-POP] BTS防弾少年団が激白!?「プロデューサーの甘い言葉にだまされた」

ヒップホップグループBTS(防弾少年団)は24日に韓国で放送されたケーブルチャンネルSBS MTV「新人王防弾少年団-チャンネルバンタン」で、所属事務所の代表パン・シヒョクプロデューサーへの不満を爆発させた。

最初にメンバーSUGA(スガ)が「3年前の嘘」というテーマで話し始めた。

SUGAは「パンPDが3年前に『君たちは1TYMのようなグループになるだろう。振り付けは必要なく、リズムに合わせて踊ればいいからラップだけ一生懸命やれ』と言われました。だけど今は、僕たちの振付けが一番難しい。3年前の甘い言葉にだまされました」と暴露し、パン・シヒョクプロデューサーを戸惑わせた。

最年長メンバーのJin(ジン)も同じく、パンPDに向けて「一生懸命歌を作って体も鍛えてきた。一度でいいからご馳走してください。僕たちも肉の食べ方は知っています!」と大声で叫んだ。

このバトンを受け継いだV(ブイ)は「デビュー前、パンPDが1年くらい僕の名前を覚えてくれず、いつも『君は誰だっけ?』と聞かれた」と練習生時代に積もった不満をぶちまけた。

この日の放送では、元祖毒舌家として有名なパン・シヒョクPDが逆に毒舌のターゲットになり、冷や汗をかく様子が放送された。

写真=Big Hitエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 27日 21:35