[K-POP] Crying Nut勝訴…裁判所、CNBLUEの仮処分申請棄却

ロックバンドCrying Nut(クライングナッツ)とアイドルバンドCNBLUE(シーエヌブルー)の間で音源使用をめぐって起きた仮処分審判で、Crying Nutが勝訴した。

25日、ソウル中央地方裁判所はCNBLUEメンバーと所属事務所FNCエンターテインメントがCrying Nutメンバーを相手に「虚偽事実を流布しないように」と提起した仮処分申請を棄却したと明らかにした。

双方の対立は、CNBLUEが2010年6月にあるケーブル放送でCrying Nutの『必殺オフサイド』という曲を公演したことから始まった。当時、音源が伴奏(MR)ではなく歌まで含まれた原曲であったという理由でCrying Nutは2月、自分たちの著作権を侵害したとしてCNBLUEを相手に損害賠償請求訴訟を起こした。

それ以後Crying Nutはメディアのインタビューを通じて「知的財産権を強奪した行為に対する罰をCNBLUEは負うべきだ」などの発言をし、CNBLUE側は名誉を傷つけられたとして仮処分申請を出した。

しかし裁判所はCrying Nutのインタビューが大部分は訴訟直後に行われたもので問題の発言を継続しているとは考えにくいとし、仮処分申請を受け入れなかった。

裁判所は「訴訟を提起した理由と経緯、自分たちの主張や心境に関する内容に過ぎない」として「虚偽の内容をインターネットのホームページに掲載してCNBLUEの名誉を傷つける意図があったとは見にくい」との判断を示した。

Crying Nutが出した著作権訴訟は現在、同じ裁判所で第1審が進行中だ。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 09月 26日 10:45