[K-POP] G-DRAGON、米FUSE TV「ベストニューアーティスト」1位に

G-DRAGONが米国音楽専門ケーブルチャネルのFUSE TVで行われた調査「ベスト・ニューアーティスト・オブ・2013(Best New Artist of 2013、以下ベスト ニューアーティスト)」で、2位以下に圧倒的な差をつけて1位に選ばれた。

今月19日から24日午後11時59分(米国東部時間基準)にかけて行われた最終第3ラウンドの投票で、G-DRAGONは約76%という圧倒的な支持率で、ライバルの米国女性歌手K・ミシェル(K.Michelle)とダニエル・ブラッドベリー(Danielle Bradbery)をおさえて2位を占めた。

FUSE TVは今年8月末からエレクトロニック/ダンス、インディーロック、ポップ、ティーン・ポップ、インターナショナル・ポップ、ヒップホップ、アンダーグラウンド・ヒップホップ、R&B、ソウル、フォーク/カントリー、パンク、メタル/ハードロックなど12ジャンルから各6人ずつ合計72人の世界各国アーティストを対象に、ジャンル別にニューアーティストを選ぶ第1ラウンド投票を行った。

その後、各ジャンルの優勝者を対象に第2ラウンド投票を行い、G-DRAGONのほかK・ミシェル、ダニエル・ブラッドベリーら上位3人が絞られた。24日に締め切られた第3ラウンド投票を通じて、最終的にG-DRAGONが優勝者に輝いた。

G-DRAGONはソロセカンドアルバムの『COUP D’ETAT(クーデター)』を通じて内外から絶大な人気を誇っている。

韓国では音源発表とともにチャート入りし、リリース2週目の音源チャートで収録曲3曲をトップ10に入れるという底力を誇っている。

また『BLACK』『COUP D’ETAT』『ねじれてる(CROOKED)』『お前は誰だ(WHO YOU?)』など、1枚のアルバムから4曲が音楽番組で1位を占める空前絶後の記録を打ち立てて話題を集めている。

その上「ベストニューアーティスト」の1位獲得のほかにも、ニューヨーク・タイムズからは「世界はG-DRAGONから学ぶことになる」と絶賛されたのと同時に、英国デイズド(DAZED)では今月のプロモーションビデオTOP10にG-DRAGONの『COUP D’ETAT』が選ばれていた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 25日 15:26