[映画] 釜山国際映画祭の開・閉幕作品、4分足らずで完売

来月3日に開幕を控えている第18回釜山(プサン)国際映画祭の開・閉幕作品が前売り開始後4分足らずで売り切れた。

釜山国際映画祭側によれば、開幕作『Vara:A Blessing』は、前売り開始からわずか43秒で完売した。

ブータンの高僧であり映画監督のキエンチェ・ノルブ(Khyentse Norbu)氏が演出を手がけた映画で、インド南部地方の伝統の踊りバラタナティヤムを介して男女の美しい愛や犠牲などを扱う。インドの短編小説『血と涙』をもとにした作品だ。

閉幕作『The Dinner』も3分55秒で完売した。

2011年釜山国際映画祭アジア映画ファンドのインキュベイティング支援を受けた映画だ。独立映画として初めて釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれ注目されている。ある家族が直面する現実を冷静な視線で描いた作品だ。

開・閉幕作を除く一般前売りチケットは26日からポータルサイトのダウム釜山国際映画祭特別ページや釜山銀行全支店の窓口およびATM、フォンバンキングなどを通して購入可能だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 25日 14:17