[ドラマ] 韓国版『ミタ』、物足りないスタート…成功のカギは“韓国情緒”

『怪しい家政婦』が初放送で、物足りなさと可能性を同時に見せた。

23日に放送されたSBS(ソウル放送)の月火ドラマ『怪しい家政婦』第1回では、原作の『家政婦のミタ』初回と同じ設定の場面やキャラクターが紹介された。この日、主人公である家政婦チェ・ジウ(パク・ポンニョ役)が4人兄妹の父親であるイ・ソンジェ(ウン・サンチョル役)と子供たちに会うシーンが描かれた。

放送直後、視聴者たちは「原作とほとんど同じだ」という反応を見せた。チェ・ジウが着たパッディングジャンパーやメイド服、感情のない堅い語り口などは日本版の松嶋菜々子(三田役)と同一人物のように似ていた。特にチェ・ジウが、亡くなった母親のレシピを使って子供たちの食卓を準備する場面や次男の数学の問題をてきぱきと解く姿も原作とほとんど同じだった。SBS関係者は「原作との契約があるので、劇中の設定や服装などをむやみに変えることはできない。またリメークでどれくらい似たように表現するかは演出者が決める部分」と話した。

さらには痛みを隠した無表情なキャラクターや何でもてきぱき遂行する設定などは、原作だけでなく先立ってそれぞれ日本の原作をもとにリメークされたKBS(韓国放送公社)第2テレビ『職場の神』やMBC(文化放送)の『女王の教室』でキム・ヘス、コ・ヒョンジョンが演じた人物とも似ているという評価だ。これについて一部のネットユーザーは「同じような設定はうんざりする」「やたらとミス・キムが思い浮かんだ」「韓国情緒とは合わないようだ」という批判の視線を送った。これに関連してチェ・ジウは16日に開かれた制作発表会で「キム・ヘス、コ・ヒョンジョンの2人の先輩は、演技力の面で私とは比較にならない人々だ。そのような話が出ること自体が負担になる」としながらも「原作とは違ったカラーを出していく」との覚悟も表わした。

結局『怪しい家政婦』が成功するか否かは、どれくらい韓国的な現実と感性を表わすかにかかってくるということだ。『職場の神』は、韓国でも問題になっている甲乙論争や非正規職問題などを扱いながら、多くの視聴者の共感を引き出した。『女王の教室』も日本に劣らない韓国内の子供たちの間の激しい競争といじめなどの問題を扱った。『怪しい家政婦』も初回で国際中学の入試準備中の3人目の子供の姿や子供たちの会話の中に、インターネット用語など韓国的な設定を一部導入した。今後の分量でどれくらい韓国情緒を盛り込むかがカギになるものと見られる。これについて制作会社関係者は「十分に韓国人の共感を引き出せると見ている。原作に劣らない感動を与えるだろう」と自信を示した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 25日 09:08